TOPへ戻る
最終更新日:2012.5.1
名称

ラナンキュラス

ハナキンポウゲ(花金鳳花)
英名
Persian buttercup
学名
Ranunculus asiaticus
性状
多年草/夏季休眠/球根(塊根)
大きさ
高さ:50~50cm/葉長:10~15cm/花径:50~100mm/塊根径:2cm
形態
葉は2~3回三出複葉。4~5月頃に、数本の花茎を出し、大型の花をつける。花は原種は一重咲き。
品種
半八重~八重咲き、万重咲き、大輪種、矮性種などさまざまな品種がある。花色は赤、ピンク、オレンジ、黄、白、複色など。
原産地
ヨーロッパ南東部、中近東
生育
肥沃な土と、日当たりを好む。球根は少しずつ湿らせて吸水させ、発根を確認してから植え付ける。夏の休眠期に入ったら、球根を掘り上げて保存する。
利用
庭植え、鉢植え。
ラナンキュラス
千葉県習志野市、さくら広場
2010.3.27
ラナンキュラス
千葉県習志野市、さくら広場
2010.3.27
ラナンキュラス
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ
2012.3.23
ラナンキュラス
千葉県千葉市、花の美術館、屋内
2012.3.20
ラナンキュラス
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ
2012.3.23
ラナンキュラス
千葉県千葉市、花の美術館、屋内
2012.3.20
ラナンキュラス
千葉県習志野市、さくら広場
2010.3.27
ラナンキュラス
千葉県習志野市、さくら広場
2010.3.27

品種

特徴
一重咲き。
ラナンキュラス
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ
2012.3.23
ラナンキュラス
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ
2012.3.23
名称

ラックスシリーズ

特徴
花弁に光沢がある。宮崎県の“綾園芸”作出。
ラナンキュラス
ラックス・サリー
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ
2012.3.23
ラナンキュラス
ラックス・テセウス
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ
2012.3.23
ラナンキュラス
ラックス・ピクス
千葉県千葉市、幕張メッセ、日本フラワー&ガーデンショウ
2012.3.23
TOPへ戻る