TOPへ戻る
最終更新日:2012.7.30
名称

ミズカンナ (水カンナ)

英名
Water canna
学名
Thalia dealbata
名の由来
「ミズカンナ」は、葉が「カンナ」に似て、水生であることから。
性状
多年草/冬季休眠/水生(挺水)
大きさ
高さ:1~3m/葉長:40~60cm
形態
株元から直立する葉を叢生する。葉は披針状楕円形で多数の平行脈が走る。6~7月頃、茎頂に穂状花序を出し、紫色の花を咲かせる。花柄や萼は粉をふいたように白っぽい。種子は球形。
原産地
北アメリカ南部
生育
湿地や沼沢地に自生する。
利用
池植え、鉢植え(腰水)、切花。
ミズカンナ
東京都文京区、小石川植物園、池
2008.7.23
ミズカンナ
茨城県つくば市、筑波実験植物園、池
2012.7.10
ミズカンナ
茨城県つくば市、筑波実験植物園、池
2012.7.10
ミズカンナ
東京都文京区、小石川植物園、池
2008.7.23
ミズカンナ
細長い苞から出てきた蕾
東京都文京区、小石川植物園、池
2012.6.30
ミズカンナ
花と果実
茨城県つくば市、筑波実験植物園、池
2012.7.10
NOTE
TOPへ戻る