TOPへ戻る
最終更新日:2016.5.1
名称

エビンゲイグミ(エビンゲイ茱萸)

学名
Elaeagnus x ebbingei
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:2~3m/葉長:5~7cm/花径:10~12mm/果長:1.5cm
形態
葉は硬い皮質の先が尖った広卵形で縁が波打ち、互生する。葉はやや白っぽく、裏面は毛が密生して白っぽい。10月頃、葉腋にすすけた白の花が数個垂れ下がって咲く。花弁のように見えるのは4裂した萼筒。花には香りがある。果実は楕円形の偽果で、翌年の4~5月頃赤く熟す。果実にも薄茶色の斑点がある。
品種
斑入り葉の品種がいろいろある。
原産地
種間交雑種。
交配親は「マルバグミ(丸葉茱萸) E. macrophylla」〔日本(本州~沖縄)、朝鮮半島南部原産〕と「ナワシログミ(苗代茱萸) E. pungens」〔日本(本州~九州)、朝鮮半島、中国原産〕
生育
強健で栽培容易。
利用
街路樹、生垣、公園樹。

品種

名称

ギルトエッジ‘Gilt Edge’

特徴
葉は緑色で、縁に黄色い斑が入る。
エビンゲイグミ ‘ギルトエッジ’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.2.18
エビンゲイグミ ‘ギルトエッジ’
千葉県千葉市、緑地
2016.3.20
エビンゲイグミ ‘ギルトエッジ’
千葉県千葉市、緑地
2016.3.20
TOPへ戻る