最終更新日:2017.11.15
名称

アコウ(榕、赤榕、赤秀、雀榕)

学名
Ficus superba var. japonica
Ficus wightiana
分類
Moraceae
Ficus(フィクス)
性状
高木/常緑/絞め殺し植物
大きさ
高さ:10~20m/葉身長:5~10cm/葉柄長:4~7cm/果長:1~1.5cm
形態
樹皮は褐色で平坦。自生状態では他の木の樹上で発芽し、幹から多数の気根を出すが、支柱根にはならない。葉は長い葉柄があり、先がやや尖った楕円形で、全縁で、互生する。年に1~数回、不定期に枝の一部、または全部が短期間落葉し、すぐに新芽を出す。不定期に葉腋に倒卵球形の花嚢の内側に隠頭花序を作るが、受粉するには共生関係にある“アコウコバチ”を必要とする。果嚢は赤~黒紫色に熟す。枝葉を傷つけると白い液が出る。
原産地
日本(和歌山以西の太平洋岸、九州、琉球諸島)、台湾、マレー半島、インドシナ、タイ
生育
日当たり、高温多湿を好む。耐寒温度は0℃程度。
利用
防風、防潮林、庭木、鉢植え。果嚢は生食できる。
アコウ
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2011.12.4
アコウ
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2011.12.4
アコウ
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2011.12.4
アコウ
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2010.4.18
アコウ
果嚢
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2011.12.4
ページ top