最終更新日:2017.11.15
名称

ベンジャミンゴム

フィカス・ベンジャミナ
シダレガジュマル(枝垂れ榕樹)
英名
Weeping fig, Benjamin’s Fig
学名
Ficus benjamina
分類
Moraceae
Ficus(フィクス)
名の由来
「シダレガジュマル」は、若い枝が細く下垂するため。
性状
高木/常緑/絞め殺し植物
大きさ
高さ:20~30m/葉身長:6~10cm/葉柄長:1~3cm
形態
自生状態では他の木の樹上で発芽し、多数の気根をほぼ垂直に地面まで伸ばして、宿主を覆いつくし、殺してしまう。幹は灰白色、葉は先が尖った卵形で光沢のある鮮緑色で、全縁で、互生する。葉腋に倒卵球形の花嚢の内側に隠頭花序を作るが、受粉するには共生関係にある特定種の“イチジクコバチ”を必要とする。果嚢は赤やオレンジ色に熟す。枝葉を傷つけると白い液が出る。
品種
園芸品種がいろいろある。
原産地
インド、東南アジア
生育
日当たりを好む。耐寒温度は5℃程度。若木は幹がしなやかで曲げやすいため、三つ編みや、フェンスのような仕立て方ができ、いろいろな形状の鉢植えが流通する。
利用
鉢植え観葉。
ベンジャミンゴム
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2011.9.27
ベンジャミンゴム
東京都調布市、神代植物公園、温室
2009.2.15
ベンジャミンゴム
花嚢
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2006.8.4

品種

名称

スター・ライト‘Star Light’

特徴
葉に乳白色の斑が入る。
ベンジャミンゴム
神奈川県相模原市、相模原公園、温室、鉢植え
2010.5.4
名称

バロック‘Barok’

特徴
葉がカールする。
ベンジャミンゴム
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、温室
2010.4.18
NOTE
ページ top