最終更新日:2017.11.15
名称

イチジク(無花果)

ホウライシ(蓬莱柿)
英名
Fig tree
学名
Ficus carica
分類
Moraceae
Ficus(フィクス)
名の由来
「イチジク」は、果実が1ヶ月で熟すから、あるいは1日に1果ずつ熟すので“一熟(いちじゅく)”からの転訛。
「無花果」は、花を咲かせずに実をつけるように見えることから。
性状
小高木/冬季落葉/雌雄異株
大きさ
高さ:5~6m/葉身長:15~25cm/葉柄長:10~20cm/果長:5~12cm
形態
株元から分枝する。葉は3裂または5裂し、葉の裏には荒い毛が密生し、互生する。葉や茎を切ると乳汁が出る。5~6月頃、倒卵球形の花嚢の内側に隠頭花序をつける。雌雄異株だが日本の栽培品種は雌木。果嚢は夏~秋に濃い紫色に熟す。枝葉を傷つけると白い液が出る。
品種
多くの改良品種がある。
原産地
西アジア、アラビア南部
生育
強健で栽培容易。日当たりと水はけよく。暖地では常緑で越冬する。整枝は冬。カミキリ虫の幼虫がつきやすい。
利用
庭木、果樹。果嚢は生食、ドライフルーツになる。また、果嚢を天日で乾燥させたものは薬用として利用される。
イチジク
千葉県習志野市、宅地
2007.9.1
イチジク
千葉県習志野市、宅地
2007.8.4
イチジク
千葉県習志野市、宅地
2007.8.4

品種

名称

ヌアール・ド・カロン‘Noire de Caromb’

特徴
収穫は8月上旬~10月半ば。果皮は紫黒色で、果重は25~70g程度。果実の糖度が高い。収量はあまり多くない。
イチジク ‘ヌアール・ド・カロン’
千葉県習志野市、自宅
2012.5.3
イチジク ‘ヌアール・ド・カロン’
千葉県習志野市、自宅
2015.8.7
イチジク ‘ヌアール・ド・カロン’
千葉県習志野市、自宅
2014.8.26
イチジク ‘ヌアール・ド・カロン’
千葉県習志野市、自宅
2015.8.22
NOTE
ページ top