TOPへ戻る
最終更新日:2013.7.15
名称

シラユキゲシ(白雪芥子)

英名
Snow poppy
学名
Eomecon chionantha
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30~50cm/花径:40~50mm
形態
地下茎を伸ばして増え、長い葉柄のある葉を根生する。茎、葉柄は赤味を帯びる。葉身は心形でゆるやかな波状の鋸歯がある。4~5月頃、花茎を伸ばして一つの花茎に数個の花をつける。萼片は2つで、開花時には落ちる。花弁は4枚で白色。黄色い雄しべが多数あり、子房は卵形で柱頭は2裂する。
原産地
中国東部
生育
半日陰で湿った場所を好む。耐寒温度は-10℃程度。
利用
花壇植え、鉢植え。
シラユキゲシ
東京都新宿区、ビル
2008.4.21
シラユキゲシ
千葉県習志野市、公園
2013.4.28
シラユキゲシ
千葉県習志野市、公園
2013.4.28
シラユキゲシ
千葉県習志野市、公園
2013.4.28
NOTE
TOPへ戻る