TOPへ戻る
最終更新日:2017.11.15
名称

ディアスシア

ニカクソウ(二角草)
英名
Twinspur
学名
Diascia barberae
名の由来
Twinspur」は、“一対の距”という意味。
「ニカクソウ」も、花の背面に距が2本の角のように突起していることから。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:20~30cm/葉身長:1~2cm/花径:20~30mm
形態
株元からよく分枝し、マット状に広がる。葉は先が尖った長卵形〜披針形で、鋸歯があり、対生する。真夏を除いた6〜11月頃、淡紅色や紅紫色の唇形花を総状に咲かせる。花冠の上唇は4裂し、下唇は大きく、後ろに距が2個つく。
品種
花色は、白、ピンク、赤など。
原産地
南アフリカ(山岳地帯)
生育
高温多湿に弱いので、通常一年草扱い。夏の強光が避けられる日当たり~やや半日陰で。保湿性のある、かつ水はけの良い土壌を好む。花後は、1/2ほどに切り戻す。挿し芽が可能。
利用
花壇、コンテナ、ハンギング。
ディアスシア
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2004.5.27
ディアスシア
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.5.16
ディアスシア
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.5.16
ディアスシア
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2010.5.16
NOTE
TOPへ戻る