最終更新日:2017.12.1
名称

サカキ(榊)

マサカキ (真榊)
ホンサカキ(本榊)
英名
Japanese cleyera
学名
Cleyera japonica
分類
Pentaphylacaceae
Cleyera(クライエラ)
名の由来
「サカキ」は、常緑でいつも青々としているため、“栄樹(サカエキ)”から。
性状
小高木/常緑
大きさ
高さ:5〜10m/葉身長:5~8cm/葉柄長:5~10mm/花径:1.5mm/果径:0.7~0.9cm
形態
樹皮は淡灰褐色。葉は革質でやや厚く、先がやや尖った楕円形で、全縁で水平に広がり、互生する。冬の新芽は赤く、猫の爪のようにくるりと曲がる。6月頃、葉腋に1~4個の花が束生し、白い5弁花を下向きに咲かせる。果実は球形の液果で、11~12月頃に黒く熟す。果実には萼と花柱が残る。
品種
葉に斑が入るものがある。
原産地
日本(関東南部~九州)、中国南部、台湾
生育
薄暗い林の中など、湿気の多い場所によく生育する。
利用
庭木。よく神社に植栽される。枝葉は玉串として、神事に用いられる。材は、建築、器具などに利用される。
サカキ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.17
サカキ
東京都新宿区、神社
2007.6.16
サカキ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.17
サカキ
千葉県習志野市、自宅
2013.12.8
サカキ
千葉県習志野市、自宅
2016.4.20
サカキ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.17
サカキ
東京都新宿区、神社
2007.6.16
サカキ
千葉県習志野市、自宅
2012.6.17
サカキ
東京都新宿区、神社
2007.6.16
サカキ
果実
千葉県習志野市、自宅
2013.12.8
サカキ
果実
東京都新宿区、神社
2008.1.15

品種

名称

斑入り榊(ふいりさかき)

学名
Cleyera japonica ‘Tricolor’
特徴
葉の幅が細く、縁にクリーム色の斑が入り、新葉はやや赤味を帯びる。
サカキ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.2.18
サカキ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2016.2.18
NOTE
ページ top