最終更新日:2017.12.1
名称

カラタチバナ(唐橘)

ヒャクリョウ(百両)
コウジ(柑子)
学名
Ardisia crispa
Ardisia crispa var. dielsii
Bladhia crispa
Bladhia punctata
分類
Primulaceae
Ardisia(アルディシア)
性状
小低木/常緑
大きさ
高さ:20~70cm/葉身長:8~20cm/葉柄長:5~20mm/花径:7~8mm/果径:6~7mm
形態
幹は直立し、ほとんど分枝しない。葉は、先が尖った狭卵形~披針形で、不明瞭な波状の鋸歯があり、互生する。裏面の葉縁には等間隔に腺点が並ぶ。7~8月頃、葉腋に白い花を散形状に数個つける。花柄はピンク色で、花冠は5深裂して先が反り返る。果実は球形の核果で、11月頃に赤く熟し、翌4月頃まで枝に残る。
品種
果実が白や黄色いもの、斑入り葉などの園芸品種がある。
原産地
日本(本州~沖縄)、中国、台湾
生育
林内の日陰地に自生する。
利用
庭植え、鉢植え。
カラタチバナ
千葉県千葉市、花の美術館、屋内、鉢植え
2013.1.4
カラタチバナ
果実
千葉県千葉市、花の美術館、屋内、鉢植え
2013.1.4

品種

名称

白実橘(しろみたちばな)

学名
Ardisia crispa f. leucocarpa
特徴
果実が白い。
カラタチバナ
千葉県千葉市、花の美術館、屋内、鉢植え
2013.1.4
カラタチバナ
千葉県千葉市、花の美術館、屋内、鉢植え
2013.1.4
カラタチバナ
果実
千葉県千葉市、花の美術館、屋内、鉢植え
2013.1.4
NOTE
ページ top