最終更新日:2017.12.1
名称

シクラメン・ヘデリフォリウム

英名
Ivy-leaved cyclamen
学名
Cyclamen hederifolium
Cyclamen neapolitanum
分類
Primulaceae
Cyclamen(キクラメン)
性状
多年草/夏季休眠/球根(塊茎)
大きさ
高さ:10~15cm/葉身長:3~5cm/葉柄長:5~10cm/花長:30~40mm
形態
晩夏~秋頃、平たい塊茎から花柄を出し、下向きに淡桃紫色の花を咲かせる。花冠は5深裂し、上に大きく反り返る。花が終わる頃、葉が出てくる。葉は長い葉柄があり、肉厚のハート形で、細かい鋸歯があり、くすんだ緑色で、銀灰色の様々な斑模様が入る。花柄と葉柄は薄い臙脂色。花が受粉すると、花柄は螺旋状に巻き込み、果実を作る。果実は蒴果で、5月中旬頃に熟し、皮が裂けて種子が露出する。晩春~夏は地上部が枯れて休眠する。
品種
葉全体が銀灰色になるものや、花色が白、濃ピンクになるものなどがある。
原産地
地中海沿岸
生育
強健で栽培容易。暑さ寒さや病気にも強い。
利用
庭植え、鉢植え。

品種

学名
Cyclamen hederifolium f. album
特徴
白花。
シクラメン・ヘデリフォリウム
千葉県習志野市、自宅
2014.9.20
シクラメン・ヘデリフォリウム
塊茎から出た花芽
千葉県習志野市、自宅
2014.9.20
シクラメン・ヘデリフォリウム
千葉県習志野市、自宅
2014.9.20
シクラメン・ヘデリフォリウム
茎と葉
千葉県習志野市、自宅
2014.12.23
シクラメン・ヘデリフォリウム
果実
千葉県習志野市、自宅
2015.5.24
ページ top