最終更新日:2017.12.1
名称

リシマキア・ヌンムラリア

ヨウシュコナスビ(洋種小茄子)
コインウォーターチェーン
英名
Moneywort、Creeping jenny
学名
Lysimachia nummularia
分類
Primulaceae
Lysimachia(リシマキア)
性状
多年草/常緑/匍匐性/水陸両生(沈水~湿性、陸生)
大きさ
高さ:5~10cm/葉身長:1~2cm/花径:15〜20mm
形態
茎は立ち上がらず匍匐して、分枝し、節から根を出して繁殖する。葉は全縁の広卵形で、対生する。葉は冬季、寒さにあたると赤褐色になる。5~6月頃、葉腋から黄色の花を咲かせる。花は合弁で、5裂し、ややすぼまり気味で平開しない。果実は球形の蒴果。
品種
葉色が明るい黄緑色の園芸品種が普及。
原産地
ヨーロッパ
生育
湿地や沼地など水辺に自生する。強健で栽培容易。挿し芽で容易に繁殖する。
利用
グランドカバー、ハンギング、鉢植え、水槽の水草。

品種

名称

オーレア‘Aurea’

特徴
葉色が明るい黄緑色。花は咲きにくい。
リシマキア・ヌンムラリア ‘オーレア’
千葉県習志野市、自宅
2012.5.28
リシマキア・ヌンムラリア ‘オーレア’
千葉県習志野市、自宅
2012.2.27
リシマキア・ヌンムラリア ‘オーレア’
千葉県習志野市、自宅
2012.4.28
リシマキア・ヌンムラリア ‘オーレア’
葉と花
千葉県習志野市、自宅
2012.5.28
リシマキア・ヌンムラリア ‘オーレア’
千葉県習志野市、自宅
2012.5.28
NOTE
ページ top