最終更新日:2017.12.1
名称

オカトラノオ(丘虎の尾)

英名
Gooseneck loosestrife
学名
Lysimachia clethroides
分類
Primulaceae
Lysimachia(リシマキア)
性状
多年草/冬季休眠
大きさ
高さ:50~90cm/葉身長:6~15cm/花序長:10~15cm/花径:8~12mm/果長:2.5mm
形態
地下茎を伸ばして繁殖する。茎は直立し、やや分枝する。葉は緑色で、先が尖った長楕円形〜長卵形で、互生する。6~7月頃、茎頂に総状花序を作り、白い花を下から順に咲かせる。花序は先端が垂れる。花は合弁で、通常5裂する。果実は卵球形の蒴果。
原産地
日本(北海道~九州)、中国、朝鮮半島
生育
日当たりの良い山地や野原などに自生する。
利用
庭植え、鉢植え。
オカトラノオ
千葉県千葉市、公園
2016.6.11
オカトラノオ
千葉県千葉市、公園
2016.6.14
オカトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2012.6.30
オカトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2012.6.30
オカトラノオ
千葉県千葉市、公園
2016.6.14
オカトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2012.6.30
オカトラノオ
千葉県千葉市、公園
2016.6.14
オカトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2012.6.30
ページ top