最終更新日:2017.12.1
名称

プリムラ・デンティキュラータ

タマザキサクラソウ(玉咲桜草)
学名
Primula denticulata
分類
Primulaceae
Primula(プリムラ)
性状
多年草
大きさ
高さ:10~30cm/葉身長:7~13cm/花序径:6~8cm/花径:15~20mm
形態
ロゼット状に葉が根生する。葉はへら形で、皺があり、鋸歯があり、葉柄はない。3~4月頃、花茎が伸び、茎頂に散形花序を作り、薄紅紫色の花を球状に咲かせる。花の基部は筒状で、花冠は5裂して平開し、先端にハート形の切れ込みが入り、中心部は黄緑色。
品種
花色が白や薄紫色などのものがある。
原産地
ヒマラヤ、中国西部
成育
冷涼で湿潤な高山帯に自生する。夏の高温と乾燥に弱い。
利用
鉢植え、花壇植え。
プリムラ・デンティキュラータ
千葉県習志野市、自宅
2012.2.27
プリムラ・デンティキュラータ
千葉県習志野市、自宅
2012.2.27
プリムラ・デンティキュラータ
6月の葉
千葉県習志野市、自宅
2012.6.17
プリムラ・デンティキュラータ
千葉県習志野市、自宅
2012.2.27
プリムラ・デンティキュラータ
千葉県習志野市、自宅
2012.3.14
NOTE
ページ top