TOPへ戻る
最終更新日:2015.7.3
名称

ザクロソウ(石榴草)

学名
Mollugo pentaphylla
性状
一年草(春〜秋)
大きさ
高さ:10〜25cm/葉長:1~3cm/花径:3mm/果径:2mm/種子径:0.5mm
形態
茎は直立し、よく分枝して広がる。葉は披針形で無柄、全縁で光沢があり、3~5個ずつ偽輪生し、上部の葉はときに対生する。7〜10月頃、葉の付け根から細い柄を伸ばして集散花序を作り、小さな白い花を咲かせる。花弁はなく萼片が5個。雄しべは3~5個。雌しべの柱頭は3裂する。果実は蒴果で、3裂し赤褐色の種子が出る。
原産地
日本(本州〜沖縄)、東アジア、インド
生育
畑や路傍、空地などに自生する。
ザクロソウ
千葉県習志野市、自宅
2013.9.23
ザクロソウ
千葉県習志野市、自宅
2013.9.23
ザクロソウ
千葉県習志野市、自宅
2013.9.23
ザクロソウ
千葉県習志野市、自宅
2013.9.22
ザクロソウ
千葉県習志野市、自宅
2013.9.23
ザクロソウ
果実
千葉県習志野市、自宅
2013.9.23
NOTE
TOPへ戻る