最終更新日:2018.5.1
名称

アジュガ・テノリイ

学名
Ajuga tenorii
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Ajuga(アユガ)
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:6~10cm/葉身長:3~5cm/花序長:5~7cm
形態
花の無い時期はロゼット状ですごし、春になると茎を立ち上げ、茎頂に穂状花序を作る。同時に脇にはランナーを伸ばし、ランナーの節から根を出して増殖する。葉は楕円形〜長楕円形で、全縁またはゆるい鋸歯があり、対生する。葉色は紫色を帯びた深緑色で、冬には紫褐色になり、やや光沢がある。4月中旬~5月上旬頃、茎頂に穂状花序を作り、葉腋に青紫色の唇形花を下から順に咲かせる。
原産地
ヨーロッパ
生育
耐寒性、耐陰性が強く、水切れを嫌う。繁殖は、ランナーが出るので、春か秋にこれを差し芽する。成長はやや遅い。
利用
半日陰のグランドカバー、鉢植え。

品種

名称

チョコレートチップ‘Chocolate Chip’

特徴
葉色が黒紫色~濃緑色。
アジュガ・テノリイ
千葉県習志野市、自宅
2013.4.22
アジュガ・テノリイ
千葉県習志野市、自宅
2013.4.23
アジュガ・テノリイ
千葉県習志野市、自宅
2012.9.6
アジュガ・テノリイ
ランナー
千葉県習志野市、自宅
2012.4.28
アジュガ・テノリイ
千葉県習志野市、自宅
2012.4.28
アジュガ・テノリイ
千葉県習志野市、自宅
2012.4.28
NOTE
ページ top