最終更新日:2018.5.1
名称

コムラサキ(小紫)

コシキブ(小式部)
ミムラサキ(実紫)
英名
Purple beautyberry
学名
Callicarpa dichotoma
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Callicarpa(カリカルパ)
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1.5~2m/葉身長:4~6cm/葉柄長:1~4mm/花径:3~4mm/果径:3mm
形態
樹形は株立ちで、枝は細く枝垂れる。葉は先が尖った長楕円形で、葉の先半分に不揃いの鋸歯があり、対生、まれに三輪生になる。6~7月頃、葉腋の2~3mm上から集散花序を出して、淡紫色の花を多数咲かせる。果実は核果で、10~11月頃、光沢のある紫色に熟す。果実は晩秋に黄葉した葉が散った後も枝に残る。
類似
ムラサキシキブ」は、花序が葉腋のすぐ上につく。葉全体に細かい鋸歯がある。
「コムラサキ」は、花序が葉腋の2~3mm上部につく。葉の先半分に不揃いの鋸歯がある。
品種
花も果実も白い「白実の小紫」がある。
原産地
日本(本州~沖縄)中国、台湾、朝鮮半島
生育
枝の成長は早いが、幹の太りは遅い。日当たり、排水良く。乾燥に弱い。剪定は冬。節の芽の上で切る。繁殖は、株分け、挿し木、実生。
利用
庭木、公園樹、鉢植え。
コムラサキ
花が咲いている
東京都豊島区、住宅
2005.7.9
コムラサキ
実がなっている
東京都新宿区、住宅
2005.9.1
コムラサキ
葉が枯れて実が残った
東京都新宿区、新宿御苑
2005.12.7
コムラサキ
果実
東京都新宿区、住宅
2005.10.27

品種

名称

白実の小紫(しろみのこむらさき)

白玉小式部(しらたまこしきぶ)
学名
Callicarpa dichotoma f. albifructa
特徴
花も実も白い。
コムラサキ/白実の小紫
東京都新宿区、ビル
2005.7.10
コムラサキ/白実の小紫
果実
東京都新宿区、ビル
2005.9.10
NOTE
ページ top