最終更新日:2018.5.1
名称

キバナオドリコソウ(黄花踊り子草)

ラミウム・ガリオブドロン
ラミアストルム
ツルオドリコソウ(蔓踊り子草)
英名
Yellow archangel
学名
Lamium galeobdolon
Lamiastrum galeobdolon
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Lamium(ラミウム)
名の由来
「ラミアストラム」は、旧学名。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:20~50cm/葉身長:4~10cm/花長:5~15mm
形態
茎は4稜形で、下部で分枝して匍匐し、先端は立ち上がり、節から根を出し、増殖する。葉は先が尖った長卵形で、葉脈に沿って凸凹があり、V字形に白っぽい斑が入り、鈍い鋸歯があり、対生する。5~6月頃、茎上部の葉腋から黄色の唇形花を咲かせる。
品種
葉模様の違う園芸品種がある。
原産地
ヨーロッパ西部、西アジア
生育
性質は強健。湿り気のある半日陰の環境を好む。繁殖は挿し木、株分け。
利用
グランドカバー、花壇、鉢植え、吊り鉢。
キバナオドリコソウ
東京都新宿区、ビル
2006.6.3
キバナオドリコソウ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.11
キバナオドリコソウ
東京都新宿区、ビル
2005.4.29
キバナオドリコソウ
東京都新宿区、道端
2008.4.21
キバナオドリコソウ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.16
キバナオドリコソウ
東京都新宿区、道端
2008.4.21
キバナオドリコソウ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.11
キバナオドリコソウ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.16

品種

名称

ヘルマンズプライド‘Herman’s Pride’

特徴
葉の全面が白っぽく、葉脈だけが緑色。
キバナオドリコソウ ‘ヘルマンズプライド’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.5.8
キバナオドリコソウ ‘ヘルマンズプライド’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.5.8
キバナオドリコソウ ‘ヘルマンズプライド’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.5.9
NOTE
ページ top