最終更新日:2018.5.1
名称

オドリコソウ(踊り子草)

学名
Lamium album var. barbatum
Lamium barbatum
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Lamium(ラミウム)
名の由来
「オドリコソウ」は、花の形が笠をかぶった踊子に似ているところから。
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:30~50cm/葉身長:3~8cm/花長:8~30mm
形態
茎は4稜形で、下部で分枝して、直立する。葉は先が尖った長卵形で、葉脈に沿って凸凹があり、鈍い鋸葉があり、対生する。4~6月頃、茎上部の葉腋から白色〜桃色の唇形花を輪状に咲かせ、それが数段重なる。
品種
西日本にはピンクの花が、東日本には白の花の種類が多い。
原産地
日本(北海道~九州)、朝鮮半島、中国
生育
藪影や道端などの半日陰に群生する。
利用
若い茎と葉は食用になる。中国では花や茎、葉を薬用にする。
オドリコソウ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.6
オドリコソウ
東京都新宿区、新宿御苑
2008.4.30
オドリコソウ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.6
オドリコソウ
東京都文京区、小石川植物園
2007.4.10
ページ top