最終更新日:2018.5.1
名称

ラショウモンカズラ(羅生門葛)

学名
Meehania urticifolia
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Meehania(ミーアニア)
名の由来
「ラショウモンカズラ」は、花を横から見た姿を、源頼光の家臣の渡辺綱が羅生門で鬼退治をした時に切り落とした、鬼女の腕に見立てて。
性状
多年草/冬季休眠/匍匐性
大きさ
高さ:15~30cm/葉身長:3~5cm/葉柄長:1〜4㎝/花長:40~50mm
形態
茎の節から根を出し、匍匐して広がる。茎の先端は立ち上がる。茎は4稜形で全体に毛がある。葉はハート形で鈍い鋸歯があり、対生する。4~6月頃、茎上部の葉腋に数段、紫色の唇形花を一方向に横向きに咲かせる。花は紫色で、下唇の先端部は白く、赤紫色の斑点があり、中央部にヒゲ状の突起がある。筒状の萼は赤味を帯びる。
品種
花色が白や桃色の品種がある。
原産地
日本(本州~九州)、朝鮮半島、中国
生育
山地の林内の湿った場所や、渓流沿いに自生する。
ラショウモンカズラ
東京都文京区、小石川植物園
2010.4.8
ラショウモンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.7
ラショウモンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.19
ラショウモンカズラ
東京都文京区、小石川植物園
2010.4.8
ラショウモンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.21
ラショウモンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.21
ラショウモンカズラ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.19
ページ top