最終更新日:2018.6.1
名称

コモンセージ

サルビア・オフィキナリス(オフィシナリス)
セージ
ヤクヨウサルビア(薬用サルビア)
英名
Common sage, Sage
学名
Salvia officinalis
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Salvia(サルウィア)
性状
多年草、または亜低木/常緑(寒地では冬季落葉)
大きさ
高さ:30~80cm/葉身長:3~5cm/葉柄長:2~4cm/花長:2cm
形態
茎は4稜形で、毛が生え、直立し、株元からよく分枝する。茎は成長すると木質化する。株全体に独特の芳香がある。葉は柔らかい毛で覆われ、灰緑色で、縮緬皺があり、長楕円形〜長卵形で、長い葉柄があり、対生する。5〜7月頃、紫色の唇形花を輪生させたものを、数段〜十数段穂状に作る。唇形花の上唇はやや毛羽立つ。萼はやや褐色がかる。
品種
葉色の違う園芸品種がある。
原産地
地中海沿岸地方
成育
日当りを好み、多湿を嫌う。
利用
花壇植え、鉢植え。葉が料理用のハーブやハーブティーとして利用される。
コモンセージ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
コモンセージ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
コモンセージ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
コモンセージ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
コモンセージ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
コモンセージ
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
コモンセージ
東京都小平市、東京都薬用植物園
2010.5.30
コモンセージ
果実
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22

品種

名称

ゴールデンセージ‘Icterina’

特徴
葉縁に明るい黄緑色の斑模様が入る。
ゴールデンセージ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.11.4
名称

パープルセージ‘Purpurascens’

特徴
茎と葉柄は赤紫色。葉身は紫がかった緑色。葉色は、低温期に紫が濃く出る。
パープルセージ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.11.5
名称

トリコロールセージ‘Tricolor’

特徴
茎と葉柄は赤紫色。葉身はくすんだ緑色で葉縁にクリーム色の斑模様が入る。夏場は緑が強く、低温期に紫が濃く出る。
トリコロールセージ
千葉県千葉市、花の美術館
2011.11.4
NOTE
ページ top