最終更新日:2018.5.15
名称

サルビア ‘インディゴスパイアズ’

ラベンダーセージ
英名
Indigo spires sage
学名
Salvia ‘Indigo Spires’
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Salvia(サルウィア)
性状
亜低木/常緑(寒地では冬季落葉)
大きさ
高さ:80~150cm/葉長:5~8cm/葉柄長:1~4cm/花序長:15〜30cm/花長:20mm/花柄長:1〜2mm
形態
株元からよく分枝し、直立する。葉は先がやや尖った長卵形で、丸い鋸歯があり、対生する。5~11月頃、茎頂に、紫色の唇形花を輪生させたものを、十数段穂状に作る。花柄はごく僅かにある。唇形花の上唇は毛羽立ち、下唇には白い筋が入る。萼と花柄は暗青紫色で、萼が長く残る。
原産地
種間交雑の園芸品種。
交配親は「サルビア・ファリナセア S. farinacea」〔アメリカ合衆国南部、メキシコ原産〕と「サルビア・ロンギスピカタ S. longispicata」〔メキシコ原産〕といわれている。
成育
耐寒温度は-5℃程度。水はけ日当たりよく。春~初夏に剪定すると、枝数が増える。冬に地上部が枯れたら、株元まで切り戻す。
利用
花壇植え。
サルビア ‘インディゴスパイアズ’
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
サルビア ‘インディゴスパイアズ’
千葉県千葉市、花の美術館
2011.11.17
サルビア ‘インディゴスパイアズ’
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
サルビア ‘インディゴスパイアズ’
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
サルビア ‘インディゴスパイアズ’
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
サルビア ‘インディゴスパイアズ’
千葉県千葉市、花の美術館
2011.10.22
ページ top