最終更新日:2018.6.1
名称

サルビア・ミクロフィラ

チェリーセージ
英名
Baby salvia
学名
Salvia microphylla
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Salvia(サルウィア)
名の由来
「チェリーセージ」の名がつく、よく似た別種の「サルビア・グレッギー Salvia greggii」がある。
性状
多年草、または亜低木/常緑(寒地では冬季落葉)
大きさ
高さ:1~1.2m/葉身長:2~5cm/葉柄長:0.5~2cm/花長:2〜2.5cm
形態
株元からよく分枝し、直立する。葉は長卵形で、ごく浅い鋸歯があり、対生する。5~10月頃、鮮やかな赤色の唇形花を対生〜輪生させたものを、数段〜十数段穂状に作る。唇形花の上唇はやや毛羽立つ。萼と花序柄はやや褐色を帯びる。
類似
「サルビア・ミクロフィラ」は草丈が1~1.3m。葉身長が5cm以下で卵形、僅かに毛があり、鋸歯がある。花冠内の基部付近に一対の突起物がある
「サルビア・グレッギー」は草丈が0.3~1.3m。葉身長が3cm以下で長楕円形、無毛、全縁。
品種
改良種が多く、花色は白、桃、赤、淡い橙、赤と白の複色などがあり、葉色も銀葉や、斑入りなどの品種がある。
原産地
アメリカ合衆国(アリゾナ)、メキシコ
生育
強健で生育は旺盛。繁殖は挿し芽。
利用
花壇植え、鉢植え。
サルビア・ミクロフィラ
千葉県千葉市、住宅
2008.5.4
サルビア・ミクロフィラ
千葉県千葉市、住宅
2007.5.27
サルビア・ミクロフィラ
東京都新宿区、集合住宅
2006.6.7
サルビア・ミクロフィラ
東京都新宿区、公園
2006.6.7
サルビア・ミクロフィラ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.8.9
サルビア・ミクロフィラ
千葉県千葉市、住宅
2007.5.27

品種

名称

ピンクブラッシュ‘Pink Blush’

特徴
花色は鮮やかな明るいピンク色。
サルビア・ミクロフィラ ‘ピンクブラッシュ’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
サルビア・ミクロフィラ ‘ピンクブラッシュ’
千葉県千葉市、三陽メディアフラワーミュージアム
2018.5.22
NOTE
ページ top