最終更新日:2018.5.15
名称

シナノアキギリ(信濃秋桐)

学名
Salvia koyamae
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Salvia(サルウィア)
性状
多年草
大きさ
高さ:40~50cm/葉身長:8~12cm/葉柄長:5~9cm/花長:3cm
形態
株元から分枝し、直立する。茎は黒味を帯びる。葉は黄緑色の長いハート形で、鋸歯があり、対生する。8〜10月頃、茎頂に、淡黄色の唇形花を輪生させたものを、数段穂状に作る。
原産地
日本(長野県、群馬県)
生育
山地の木陰に自生する。
シナノアキギリ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
シナノアキギリ
東京都文京区、小石川植物園
2012.6.30
シナノアキギリ
東京都文京区、小石川植物園
2012.6.30
シナノアキギリ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
シナノアキギリ
東京都文京区、小石川植物園
2014.7.6
ページ top