最終更新日:2018.6.1
名称

ツリージャーマンダー

クリオネ
テウクリウム・フルティカンス
英名
Tree germander, Shrubby germander
学名
Teucrium fruticans
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Teucrium(テウクリウム)
名の由来
「クリオネ」は、花の形が海の妖精「クリオネ」に似ているところから。
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:100~180cm/葉身長:1~2cm/葉柄長:0.2〜0.5cm/花長:20〜25mm
形態
株立ちしてよく分枝し、茎は直立〜斜上する。枝葉には芳香があり、全体が毛で覆われて銀灰色になるが、古くなると毛が脱落し、光沢がある濃緑色になる。葉は先がやや尖った楕円形〜卵形で、ごく浅い波状の鋸歯があるか、全縁で、対生する。5〜6月頃、茎上部の葉腋に薄紫色の唇形花を1個ずつつけ、数段が穂状になる。花は、下唇弁が大きく3裂し、雌しべ1本と雄しべ4本が噴水のように弓なりに突き出る。
品種
花色が白やピンク色の品種がある。
原産地
地中海沿岸西部
生育
原産地は地中海性気候で、冬は多雨、夏は乾季になり、気温は温暖。強健で栽培容易。日当たりがよく、風通しのよい場所を好む。乾燥には強い。強剪定に耐える。
利用
庭植え、鉢植え、生垣。
ツリージャーマンダー
千葉県習志野市、住宅
2017.1.12
ツリージャーマンダー
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2013.5.6
ツリージャーマンダー
千葉県習志野市、住宅
2016.5.1
ツリージャーマンダー
千葉県習志野市、住宅
2016.5.1
ツリージャーマンダー
千葉県習志野市、住宅
2017.1.12
ツリージャーマンダー
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2013.5.6
ページ top