最終更新日:2018.6.1
名称

カンファータイム

英名
Camphor thyme
学名
Thymus camphoratus
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Thymus(ティムス)
名の由来
「カンファータイム」は、葉にカンファー(=樟脳)のような香りがあることから。
性状
亜低木/常緑
大きさ
高さ:10~20cm/葉身長:0.3~0.5cm/花径:3〜4mm
形態
株元からよく分枝し、茎は地を匍匐して広がり、茎の先端は斜上、直立する。茎葉には強い樟脳のような芳香がある。茎は古くなると基部が木質化する。葉は肉厚で、長楕円形〜長菱形で、全縁で、対生する。5~8月頃、茎頂や茎上部の葉腋にピンク色の唇形花を咲かせる。
原産地
南ヨーロッパ
生育
乾燥した砂礫地に生育する。耐寒温度は−5℃程度。日当たり、水はけ良く。
利用
庭植え、鉢植え、ロックガーデン。茎ごと刈り取って乾燥させて、料理用ハーブとして利用。ハーブティー、ポプリにも利用される。
カンファータイム
千葉県習志野市、自宅
2012.6.18
カンファータイム
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.6.7
カンファータイム
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.6.10
ページ top