最終更新日:2018.6.1
名称

ニンジンボク(人参木)

学名
Vitex negundo var. cannabifolia
Vitex cannabifolia
分類
Lamiaceae (Labiatae)
Vitex(ウィテクス)
名の由来
葉が「ヤクヨウニンジン」に似ているので。
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1~3m/小葉長:5~9cm/花序長:15~20cm/花径:10mm
形態
株元からよく分枝する。葉は小葉3~5枚からなる掌状複葉で、対生する。小葉は被針形で全縁または荒い鋸歯がある。7~9月頃、枝先や上部の葉腋から花柄を出し、円錐形の花序を作り、淡紫~青紫色の唇形花を咲かせる。唇形花の下唇の中央裂片が大きく、黄色と濃紫色の蜜標があり、白い毛がある。
類似
「ニンジンボク」は小葉の幅が広く、全縁または荒い鋸歯がある。花は小さめで、花序にまばらに咲く。
セイヨウニンジンボク」は小葉の幅が狭い。花は大振りで、くしゃっと外側に丸まる。花序に密に咲く。
原産地
中国
利用
庭木。根と果実は薬用に利用される。
ニンジンボク
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
ニンジンボク
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
ニンジンボク
鋸歯がある葉
東京都文京区、小石川植物園
2007.10.6
ニンジンボク
全縁の葉
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.23
ニンジンボク
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.29
NOTE
ページ top