最終更新日:2018.12.20
名称

オミナエシ(女郎花)

アワバナ(粟花)
学名
Patrinia scabiosifolia
分類
Caprifbliaceae
Patrinia(パトラニア)
名の由来
「オミナエシ」は、「オトコエシ」に比べて茎が細く、繊細で女性的なイメージがあることから。
「アワバナ」は、花を粟に見立てた。
性状
多年草/ロゼット状で越冬
大きさ
高さ:60〜120cm/葉身長:3~15cm/花径:3〜4mm
形態
若いうちはロゼット状の根生葉で過ごす。全草に特有の腐敗臭がある。根生葉は切れ込みの深い羽状複葉。実生3年めくらいの初夏頃から茎を直立させ、上部で分枝する。茎生葉は、単葉で深く切れ込み、裂片には鋸歯があり、対生する。7〜9月頃、枝先に散房花序を作り、黄色の小花を多数咲かせる。花冠は5裂し、雌しべ1本と雄しべ4本がつく。果実は長楕円形の痩果。
品種
矮性種などの園芸品種がある。
原産地
日本(北海道~九州)、中国、東アジア
生育
山野に自生する。強健で栽培容易。日当たり水はけ良く。
利用
庭植え、鉢植え、切花。根は薬用に利用される。
オミナエシ
千葉県千葉市、花の美術館
2012.9.2
オミナエシ
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.29
オミナエシ
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.29
オミナエシ
東京都文京区、小石川植物園
2008.7.29
NOTE
ページ top