最終更新日:2018.12.20
名称

タニウツギ(谷空木)

ベニウツギ(紅空木)
英名
Japanese weigela
学名
Weigela hortensis
分類
Caprifbliaceae
Weigela(ヴァイゲラ)
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:2〜5m/葉身長:4~10cm/葉身幅:2~6cm/葉柄長:3~10mm/花長:25~35mm/果長:12~18mm
形態
樹形は株立ち。樹皮は灰褐色で縦に裂けてはがれる。茎の中は空洞。若枝は赤味を帯び、毛が生える。葉は先が細く尖った長卵形で、鋸歯があり、対生する。葉の表面には短毛が散生し、裏面には白い毛が密生する。5~6月頃、1年枝の先端や葉腋から筒状花を2〜3個づつ咲かせる。花は漏斗形で先端が5裂し、花色は薄紅色。果実は円筒型の蒴果で、10月頃熟すと上部が割れて、長さ1mmほどの黒い種子を多数出す。種子には周囲に翼がある。
品種
白花種がある。近縁種が多く、品種が固定しにくい。
原産地
日本(北海道西部~本州の主に日本海側)
生育
谷沿いの二次林などに自生する。成長が早い。やや日陰に耐える。多少砂がちの土が適している。乾燥させない。増殖は挿し木。
利用
庭木、庭園樹、公園樹、緑地、生け垣、添景。
タニウツギ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.6
タニウツギ
千葉県習志野市、住宅
2008.5.4
タニウツギ
千葉県習志野市、病院
2006.8.20
タニウツギ
千葉県習志野市、病院
2006.8.20
タニウツギ
東京都新宿区、集合住宅
2005.5.15
タニウツギ
千葉県習志野市、病院
2006.8.20
NOTE
ページ top