最終更新日:2019.1.1
名称

モミジバスズカケノキ(紅葉葉鈴掛の木)

プラタナス
英名
London plane
学名
Platanus x acerifolia
Platanus x hispanica
分類
Platanaceae
Platanus(プラタヌス)
名の由来
「モミジバスズカケノキ」は、丸い球状の果実がぶら下がっている形を、山伏が首にかける篠懸に見立て、葉が「モミジ」のような形をしているところから。
「プラタナス」は、スズカケノキ属の総称だが、日本で一番一般的なこの種を指すことが多い。
ただの「スズカケ」は、「コデマリ」のこと。
性状
高木/冬季落葉/雌雄異花
大きさ
高さ:20~35m/葉身長:10~20cm/葉柄長:2~4cm/雌花序径:15~17mm/雄花序径:10~20mm/集合果径:30~35mm
形態
幹は直立し、大きく枝を出して半球形の樹冠になる。樹皮は大きくはがれ、暗褐色と白灰色のまだら模様になる。葉は3~5裂し、不揃いの鋸歯があり、互生する。葉柄の基部には小さい托葉がある。4〜5月頃、葉腋から花序軸を垂らし、球形の頭状花序を1~3個つける。果実は痩果が集まった球形の集合果で、4〜5月頃、熟すとバラバラになって落下する。痩果の基部には長い毛が密生し、果実の先は鋭く尖っている。
原産地
種間交雑種。
交配親は「スズカケノキ(鈴掛の木) Platanus orientalis」〔西アジア原産〕と「アメリカスズカケノキ(アメリカ鈴掛の木) Platanus occidentalis」〔北アメリカ原産〕。
生育
強健で、剪定に耐え、萌芽力に優れる。繁殖は、挿し木、実生。
利用
街路樹、公園樹。
モミジバスズカケノキ
古い果実が残っている
千葉県習志野市、街路樹
2008.3.15
モミジバスズカケノキ
古い果実が残り、花が咲いている
千葉県習志野市、街路樹
2008.4.12
モミジバスズカケノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.20
モミジバスズカケノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.7.3
モミジバスズカケノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.9.11
モミジバスズカケノキ
千葉県習志野市、街路樹
2016.11.15
モミジバスズカケノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.12.7
モミジバスズカケノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.20
モミジバスズカケノキ
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.20
モミジバスズカケノキ
雌花(上)と雄花(下)
千葉県習志野市、街路樹
2008.4.12
モミジバスズカケノキ
雌花
千葉県習志野市、街路樹
2008.4.12
モミジバスズカケノキ
雄花
千葉県習志野市、街路樹
2008.4.12
モミジバスズカケノキ
果実(未熟)
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.20
モミジバスズカケノキ
果実
東京都新宿区、新宿御苑
2006.2.11
モミジバスズカケノキ
種子
東京都新宿区、新宿御苑
2005.5.18
NOTE
ページ top