最終更新日:2019.2.1
名称

イブキトラノオ(伊吹虎の尾)

学名
Bistorta officinalis subsp. japonica
Polygonum bistorta subsp. japonicum
Bistorta vulgaris
Polygonum bistorta
Bistorta major var. japonica
Bistorta lapidosa
Bistorta alopecuroides
分類
Polygonaceae
Bistorta(ビストルタ)
名の由来
「イブキトラノオ」は、花穂を虎の尾に見立て、特に伊吹山(滋賀県と岐阜県の境)に多く自生することから。
性状
多年草/球根(根茎)
大きさ
高さ:40~100cm/葉身長:10~20cm/花序長:3~8cm/花長:3~4mm
形態
地際から茎を叢生させる。茎は直立し、分枝しない。葉は先が尖った狭卵形~披針形で、根生葉には長い葉柄がつき、茎生葉は無柄で葉の基部は茎を抱く。鞘状の托葉がつく。7~9月頃、茎頂に円柱形の花序を作り、白色~淡紅色の花を咲かせる。花には花弁はなく萼片が5深裂し、花被片からは雄しべが長く突き出る。果実は3稜形の痩果。
原産地
日本(北海道~九州)
生育
山地、高山の日当たりの良い湿地に群生する。
利用
根茎が薬用に利用される。
イブキトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
イブキトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
イブキトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
イブキトラノオ
東京都文京区、小石川植物園
2008.5.15
ページ top