最終更新日:2019.2.15
名称

ボントクタデ(凡篤蓼)

学名
Persicaria pubescens
Polygonum pubescens
分類
Polygonaceae
Persicaria(ペルシカリア)
名の由来
「ボントクタデ」は、よく似た「ヤナギタデ Persicaria hydropiper」が 香辛料になるのに対し、辛味が無く役に立たないことから。“凡篤”は愚か者の意。
性状
一年草/水生(湿性)
大きさ
高さ:70〜100cm/葉身長:5〜10cm/花序長:5〜10cm/花径:4〜6mm
形態

茎は直立してやや分枝し、赤味を帯びることが多い。茎には伏せた毛がまばらに生える。葉は披針形~広披針形で、全縁で、互生する。葉の中央部には逆V字形に黒っぽい斑紋が入ることが多い。葉の基部には筒状の托葉鞘があり、縁には長い毛がある。9~10月頃、茎頂や葉腋に穂状花序を作る。花序は先端が折れ曲がって垂れ下がる。花弁に見える部分は萼で、先端が5裂する。花被片の外側は基部側が緑色、先端部は淡紅色で、内側は白色。果実は痩果で、3稜のある円錐形。

原産地
日本、中国、マレーシア、インド
生育
水の流れのない水辺や湿地などに自生する。
ボントクタデ
東京都調布市、神代植物公園、水生植物園
2009.10.4
ボントクタデ
東京都調布市、神代植物公園、水生植物園
2009.10.4
ボントクタデ
東京都調布市、神代植物公園、水生植物園
2009.10.4
ページ top