TOPへ戻る
最終更新日:2009.5.28
名称

クルメツツジ(久留米躑躅)

学名
Rhododendron (Kurume Group)
名の由来
「クルメツツジ」は、福岡県久留米地方で改良、栽培されていたことから。
性状
低木/常緑
大きさ
高さ:0.5~1m
形態
枝があまり伸びない矮性種。花期は4月下旬~5月上旬。小輪多花性で、樹冠全体がが花で覆われる。
品種
園芸品種が多数ある。花色は、白、淡桃、桃、赤、濃赤、赤紫と豊富で、色鮮やかな品種が多い。
原産地
園芸品種。
キリシマツツジ」を元に交配作出。
成育
日当たりを好む。移植が容易。繁殖は、挿し木。細根が多く浅根性なので多湿を好むが停滞水には弱く根腐れを起こしやすい。
利用
庭木、庭園樹、公園樹、街路樹、鉢植え。
クルメツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22

品種

クルメツツジ
‘アズマカガミ(東鏡)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘イマショウジョウ(今猩々)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘キンクジャク(錦孔雀)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘シントキノハガサネ(新鴇の羽重)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘ツヤムラサキ(艶紫)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘テルヒメ(照姫)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘フクヒコ(福彦)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘フジノサト(藤の里)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘ミヤギノ(宮城野)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
クルメツツジ
‘ミヨノハル(御代の春)’
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
TOPへ戻る