TOPへ戻る
最終更新日:2009.5.28
名称

モチツツジ(黐躑躅)

学名
Rhododendron macrosepalum
名の由来
「モチツツジ」は、花の萼や柄、葉などに粘着性の腺毛があって粘つき、トリモチのようなので。
性状
低木/半常緑
大きさ
高さ:1~3m/葉身長(春葉):3~6cm/葉身長(夏葉):2~3cm/花径:40~60mm
形態
主幹はなく、荒く分岐して株立ち状の樹形になる。春に展開し秋に落葉する大きな春葉と、夏から秋に展開し越冬する小さな夏葉がある。葉は全縁の狭楕円形~卵形で、互生する。秋には橙色~赤黒紫色に紅葉する。葉の表面や新梢には長軟毛が垂直に密生する。4~5頃、枝先に1~5個の花をつける。花冠は漏斗形で5中裂し、花色は薄桃色~紅紫色で、花の裂片の上側の弁に、濃桃色のブロッチと呼ばれる斑点模様が入る。雄しべは通常5本、6~10本の場合もあり、長く伸び、先端が上に曲がる。萼片は「キシツツジ」に比べて大きい。萼片や花柄には腺毛が密生して、よく粘る。
品種
園芸品種が多数ある。
原産地
日本(本州の静岡県、山梨県~岡山県、四国)
成育
日当たりのいい山地の斜面に自生。
利用
庭木、公園樹、鉢植え。

品種

モチツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
モチツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
モチツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
モチツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
モチツツジ
花車(はなぐるま)
東京都文京区、小石川植物園
2009.4.15
TOPへ戻る