TOPへ戻る
最終更新日:2009.5.28
名称

レンゲツツジ(蓮華躑躅)

学名
Rhododendron molle subsp. japonicum
Rhododendron japonicum
Rhododendron molle var. glabrius
性状
低木/冬季落葉
大きさ
高さ:1~3m/葉身長:4~8cm/花径:50~60mm/果長:1.5~3cm
形態
よく分枝する。1年枝は立ち気味に伸び、夏に花芽を作る。葉は輪生状に互生し、秋に紅葉する。葉、葉柄、花柄、子房には長毛が生える。4~6月頃、新葉の展開と同時に、2年枝の先に花を2~8個を頂生する。花冠は漏斗形で5中裂し、花色は朱橙色で、裂片の上側の弁に、ブロッチと呼ばれる斑点模様が薄く入る。5本ある雄しべは長く伸び、先端が上に曲がる。果実は長楕円形の蒴果で剛毛が生え、雌しべが長く残る。
品種
花色が黄色や白の品種がある。
原産地
日本(北海道~九州)
成育
日当たりのよい高原などに自生する。高温多湿に弱い。水はけの良い有機質な土壌で、日当たり良く。繁殖は、取り木、実生。
利用
庭木、庭園樹、公園樹。全木有毒。
レンゲツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.28
レンゲツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
レンゲツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22
レンゲツツジ
東京都調布市、神代植物公園
2009.4.22

品種

名称

キレンゲツツジ(黄蓮華躑躅)

学名
Rhododendron molle subsp. japonicum f. flavum
Rhododendron japonicum f. flavum
特徴
花色が黄色。
キレンゲツツジ
東京都新宿区、集合住宅
2009.5.9
キレンゲツツジ
東京都新宿区、集合住宅
2009.5.9
TOPへ戻る