最終更新日:2019.4.15
名称

シャシャンボ(小小坊)

学名
Vaccinium bracteatum
Vaccinium bracteatum var. lanceolatum
分類
Ericaceae
Vaccinium(ウァッキニウム)
名の由来
古名の「サシブ(烏草樹)」からの変化。
性状
低木〜小高木/常緑
大きさ
高さ:2〜6m/葉身長:2.5〜6cm/葉柄長:2〜6mm/花序長:3〜8cm/花長:5〜7mm/果径:5〜6mm
形態

樹皮は灰色で、年数がたつと縦にはがれ落ちて、赤褐色の肌が露出する。下部からよく分枝する。葉は緑色で、短い葉柄があり、先が尖った長卵形〜長楕円形で、浅い鋸歯があり、互生する。7月頃、前年の枝の葉腋から総状花序を作り、十数個〜二十数個の花を房状に枝垂れさせて下向きに咲かせる。花は乳白色の壺形で、花冠先端部が5裂して外側に平開する。花冠の基部には5裂した萼がつく。短い花柄の基に苞葉が1~2枚つく。果実は球形の液果で、9〜10月頃、黒紫色に熟す。

原産地
日本(本州千葉県以西、四国、九州、沖縄)台湾、中国南部、マレーシア
生育
沿岸地の山地、林縁、谷筋などのやや乾燥した場所に自生する。
利用
果実は食べられる。
シャシャンボ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
シャシャンボ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
シャシャンボ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
シャシャンボ
茨城県つくば市、筑波実験植物園
2012.7.10
ページ top