最終更新日:2019.4.15
名称

ウスバヒメツバキ(薄葉姫椿)

ウスバヒメサザンカ(薄葉姫山茶花)
学名
Camellia euryoides var. nokoensis
Camellia nokoensis
分類
Theaceae
Camellia(カメリア)
性状
低木〜小高木/常緑
大きさ
高さ/2~6m/葉身長:4~6cm/花径:20mm
形態
細く繊細な枝が多数発生して枝垂れ、横張り状の樹形となる。樹皮はなめらかで紫褐色〜灰褐色。葉は先が尾状に尖った狭卵形〜狭楕円形で、表面に鈍い光沢がある薄手の革質で、緑色で、縁には細鋸歯があり、互生する。3~4月頃、枝先の葉腋に白い紡錘形の花を下向きに咲かせる。花弁は5〜6個。
原産地
中国南部、台湾
ウスバヒメツバキ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
ウスバヒメツバキ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
ウスバヒメツバキ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
ウスバヒメツバキ
東京都文京区、小石川植物園
2007.3.28
NOTE
ページ top