TOPへ戻る
最終更新日:2019.4.15
名称

ヤブツバキ(藪椿)

ツバキ(椿)
ヤマツバキ(山椿)
英名
Camellia
学名
Camellia japonica
Camellia japonica var. hortensis
Camellia japonica f. grosseserrata
Camellia japonica f. lancifolia
Camellia japonica f. parviflora
Camellia japonica subsp. hozanensis
Camellia japonica var. hozanensis
性状
高木/常緑
大きさ
高さ:5〜15m/葉身長:5~9cm/葉柄長:7~12mm/花径:50~70mm/果径:3~4cm/種子長:1.5〜2.5cm
形態
低い位置からよく分枝する。樹皮はなめらかで灰褐色。葉は先が尖った楕円形で、厚手で表面に光沢がある革質で、濃緑色で、裏面に向けてやや反る場合が多い。両面とも無毛で、縁には細鋸歯があり、互生する。12月~翌4月頃、枝先の葉腋に桃紅色の花を咲かせる。花弁は5個で、平開しない。雄しべの花糸は白く、下半分ほどが合着して筒状になり、基部では花弁とも合着するため、花が散る時は、花首からまとまって落ちる。葯は黄色。果実はほぼ球形の蒴果で、表面は光沢がある赤褐色で、熟すと木質の果皮が3裂して、3~6個の種子を出す。
類似

「ヤブツバキ」は、幹が上に伸びる。葉の表裏は無毛。花は平開しない。雄しべの花糸は白く、下半分ほどが合着して筒状になり、基部では花弁とも合着するため、花が散る時は、花首からまとまって落ちる。果皮は滑らか。
ユキツバキ」は、這うように横に広がる。葉柄に毛が生え、葉縁の鋸歯が鋭い。花は平開する。雄しべの花糸は黄橙色で、合着せず放射状に開く。果実ができにくい。
サザンカ」は、葉が小さい。葉の表裏の主脈上に毛が生える。花は平開する。花弁が一枚ずつ散る。雄しべの花糸は黄色く、合着せず放射状に開く。果皮に毛がある。

品種
純白から深紅までさまざまな色合いの花色があり、八重咲き、半八重咲き、絞り咲き、斑入り葉種など、多数の品種がある。「サザンカ」との種間交雑品種もあり、見分けは困難。
原産地
日本(本州の太平洋側、四国、九州、沖縄)、朝鮮南部、台湾
生育
沿岸地~山地に自生する。半日陰を好む。乾燥した寒風に弱い。剪定は花後に。
利用
庭木、庭園樹、玉造り、生垣、公園樹、鉢植え、盆栽、切り花。材は工芸品や細工ものに加工される。実から絞った油は、高級食用油、また整髪料として利用される。
ヤブツバキ
千葉県習志野市、香澄公園
2007.3.10
ヤブツバキ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.3.27
ヤブツバキ
千葉県習志野市、香澄公園
2007.3.10
ヤブツバキ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.3.29
ヤブツバキ
千葉県習志野市、香澄公園
2016.3.27
ヤブツバキ
千葉県習志野市、香澄公園
2007.3.10
ヤブツバキ
果実(未熟)
東京都新宿区、住宅
2007.8.14
ヤブツバキ
果実
東京都江東区、夢の島熱帯植物館
2005.10.23
NOTE
TOPへ戻る