最終更新日:2019.7.1
名称

アロエ・ヴェラ

アロエ・バルバデンシス
英名
Aloe vera, Barbados aloe
学名
Aloe barbadensis
Aloe vera
分類
Asphodelaceae
Aloe(アロエ)
名の由来
「アロエ・ヴェラ」は、“真実のアロエ”という意味で、広く通称として使われている。
性状
多年草/常緑/多肉性
大きさ
高さ:80~100cm/葉身長:50~80cm/花序長:50~60cm/花長:5~7cm
形態
多肉質の葉が、地際から叢生し、直立〜斜上する。葉は灰緑色の剣形で、縁に棘状の鋸歯がある。数年たった株は、5月頃、花茎を立ち上げ、紡錘型の花序を作り、黄色で筒状の花を咲かせる。
原産地
地中海沿岸、西インド諸島
生育
性質は強健だが、やや寒さに弱い。
利用
花壇植え、鉢植え。葉は薬用として、抗炎症、保湿、殺菌、整腸、胃粘膜の保護などに利用される。透明な葉肉は苦みがないため、生食用に利用される。
アロエ・ヴェラ
千葉県習志野市、住宅
2015.5.23
アロエ・ヴェラ
千葉県習志野市、住宅
2015.5.23
アロエ・ヴェラ
東京都新宿区、医院、鉢植え
2009.5.18
アロエ・ヴェラ
東京都新宿区、医院、鉢植え
2009.5.18
NOTE
ページ top