最終更新日:2019.7.1
名称

セイヨウタマシダ(西洋玉羊歯)

ネフロピレス
英名
Sword fern
学名
Nephrolepis exaltata
分類
Oleandraceae
Nephrolepis(ネフロレピス)
性状
多年草/常緑/着生植物
大きさ
高さ:30~50cm/葉身長:50~200cm
形態
地上に生育するが、樹木などに着生することもある。葉は根茎から直立し、束生する。根元からは細い匍匐茎を出し、新しい芽をつけ、群落を作る。葉は一回羽状複葉で、羽片は細長い山形で、浅い鋸歯があり、全体が波打つ。裏側の主脈と葉縁との間に胞子嚢群が並ぶ。
品種
園芸品種がいろいろある。
原産地
熱帯~亜熱帯各地
生育
強健で栽培容易。明るい日影を好む。夏の強光には葉が傷む。寒さにはやや弱い。
利用
鉢植え観葉。花材。

品種

名称

‘マーシャリー’‘Marshallii’

フサフサシダ(ふさふさ羊歯)
特徴
細かい葉が波打って連なる。
セイヨウタマシダ ‘マーシャリー’
茨城県つくば市、筑波実験植物園、温室
2014.8.31
セイヨウタマシダ ‘マーシャリー’
茨城県つくば市、筑波実験植物園、温室
2014.8.31
名称

‘スコッチ’‘Scotti’

特徴
コンパクトな矮性種で、細かい葉が波打って連なる。葉長は10~15cm程度。
セイヨウタマシダ ‘スコッチ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.11.25
セイヨウタマシダ ‘スコッチ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.9.3
セイヨウタマシダ ‘スコッチ’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2016.11.25
名称

‘スミティ’‘Smithii’

特徴
矮性種で、ごく細かい葉が波打つ。横に這い広がる。
セイヨウタマシダ ‘スミティ’
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、温室
2016.2.17
セイヨウタマシダ ‘スミティ’
東京都江東区、夢の島熱帯植物館、温室
2016.2.17
名称

‘ツデイ’‘Teddy Junior’

特徴
放射状に葉を広げ、葉の縁が波打つ。葉は根茎から直立して立ち上がる。葉長は30~50cm程度。
セイヨウタマシダ ‘ツデイ’
千葉県八千代市、京成バラ園、温室
2009.4.19
セイヨウタマシダ ‘ツデイ’
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.10.19
セイヨウタマシダ ‘ツデイ’
匍匐茎
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.10.19
NOTE
ページ top