最終更新日:2019.9.1
名称

キャッツテール

アカリファ・レプタンス
英名
Red cat’s tail
学名
Acalypha hispaniolae
Acalypha reptans
分類
Euphorbiaceae
Acalypha(アカリファ)
名の由来
「キャッツテール」は、房のような花穂が猫の尻尾に似ているので。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:10~20cm/葉身長:2~4cm/葉柄長:0.5~1cm/花序長:4~7cm
形態
地面を横に這うように広がる。葉は先が尖った卵形で、鋸歯があり、互生する。5〜10月頃(原産地では周年)、葉腋から赤い房状の穂状花序を出す。花弁は無く、萼と雄しべだけがある。
原産地
西インド諸島
生育
日当たりを好む。耐暑性はとても強い。耐寒温度は10℃程度。乾燥には弱い。多肥を好む。
利用
庭植え、鉢植え、ハンギング。
キャッツテール
千葉県習志野市、緑地
2009.6.20
キャッツテール
葉と花
千葉県習志野市、緑地
2009.6.20
NOTE
ページ top