TOPへ戻る
最終更新日:2020.7.15
名称

イワタイゲキ(岩大戟)

学名
Euphorbia jolkinii
Galarhoeus jolkinii
名の由来
「大戟」は「トウダイグサ」の中国名。「イワタイゲキ」は、海岸の岩場に自生することから。
性状
多年草/夏季休眠
大きさ
高さ:30~50cm/葉身長:4~7cm/杯状花径:8mm/果径:3mm
形態
秋に芽吹き、冬に地上部が生長、春に花が咲き、夏には地上部が枯れ休眠する。茎は地際から叢生し、円柱形で直立し、赤みを帯び、基部は木質化する。葉は長楕円形~披針形で全縁、先は鈍頭で互生し、上部で5〜7枚の葉が輪生する。3~5月頃、輪生するそれぞれの葉の葉腋から枝を出し、枝先に杯状花序を作る。杯状花序は、中央に子房があり、その周囲を黄色い楕円形の5つの腺体が囲む。下には黄色い楕円形の2〜3個の苞葉がつく。受粉した子房にはイボ状の突起があり、柄が伸びて下向きに垂れ下がる。果実は3室に分かれた蒴果で、熟すと横倒しだった軸が直立する。
類似
よく似た「ノウルシ」は湿地帯などに自生し、茎は木質化しない。
原産地
日本(本州~沖縄)、台湾、朝鮮南部
生育
海岸の崖地などに自生。
利用
全草有毒。葉や茎から出る乳液に触れると炎症をおこす。
TOPへ戻る