最終更新日:2015.8.10
名称

ユーフォルビア・マティーニ

学名
Euphorbia x martinii
分類
Euphorbiaceae
Euphorbia(エウフォルビア)
性状
多年草/常緑
大きさ
高さ:40~80cm/葉長:10cm/杯状花径:7~10mm
形態
高さは30~60cmで、茎は直立し、地際から株立ちになり、コンパクトにこんもりとまとまる。葉は披針形~楕円形で、らせん状に互生する。葉色は緑色。3~5月頃、茎頂に杯状花序をたくさん円柱形につける。花は赤褐色で、花弁のように見える苞は黄緑色。
原産地
フランス南部。自然交雑の種間交雑種。
交配親は 「ユーフォルビア・アミグダロイデス E. amygdaloydes」〔ヨーロッパ、東南アジア原産〕と、「ユーフォルビア・カラキアス E. characias」〔地中海沿岸原産〕。
利用
庭植え、鉢植え。

品種

名称

ブラックバード‘Blackbird’

特徴
茎や葉が濃い臙脂色で、苞の色も臙脂色がかる。
ユーフォルビア・マティーニ ‘ブラックバード’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2014.1.4
ユーフォルビア・マティーニ ‘ブラックバード’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.3.22
ユーフォルビア・マティーニ ‘ブラックバード’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.4.10
ユーフォルビア・マティーニ ‘ブラックバード’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.5.7
ユーフォルビア・マティーニ ‘ブラックバード’
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.4.28
ページ top