TOPへ戻る
最終更新日:2020.10.1
名称

ホオズキ(酸漿、鬼灯)

英名
Winter cherry, Chinese lantern
学名
Physalis alkekengi var. franchetii
性状
多年草/冬季休眠/根茎
大きさ
高さ:60~90cm/葉身長:5~10cm/花径:15mm/実を包む袋状萼長:4~6cm/果径:1.2~2cm
形態
長い地下茎によって繁殖する。茎は直立し、やや分枝して枝は斜上する。葉は先が尖った卵形~広卵形で大きく荒い鋸歯があるか全縁で、互生する。葉は2枚が接近し、2枚ずつが互生する。6~7月頃、葉腋に有柄の花を1個下向きにつける。花冠は白色で、中心部には黄緑色の斑紋があり、漏斗形で五角形。萼は先端が5裂し、花後に発達して袋状に果実を包みこむ。果実は球形の液果。熟すと袋状の萼は朱色になり、果実も朱色になる。
品種
普通栽培されるのは実の大きい「タンバホオズキ(丹波酸漿)」で、その他には矮性の「サンズンホオズキ(三寸酸漿)」、袋状萼が細長い三日月型で鈴なりになるが、果実はできない「ヨウラクホオズキ(瓔珞酸漿)」などの園芸品種がある。
原産地
東アジア
生育
日当たり、水はけ良く。乾燥を嫌う。連作障害が出やすい。カメムシの食害にあう。
利用
庭植え、鉢植え。果実は花材や子供のおもちゃに利用される。地下茎や根は薬用に利用される。
ホオズキ
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2013.7.20
ホオズキ
東京都新宿区、戸山公園
2009.6.1
ホオズキ
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.5.17
ホオズキ
東京都江東区、木場公園
2012.8.19
ホオズキ
千葉県習志野市、自宅、鉢植え
2015.7.20
ホオズキ
東京都新宿区、戸山公園
2009.6.1
ホオズキ
果実
東京都江東区、木場公園
2012.8.19
NOTE
TOPへ戻る