TOPへ戻る
最終更新日:2020.10.15
名称

イヌホオズキ(犬酸漿)

バカナス(馬鹿茄子)
英名
Black nightshade
学名
Solanum nigrum
解説
近縁種に「イヌホオズキ Solanum nigrum」、「アメリカイヌホオズキ Solanum emulans」、「オオイヌホオズキ Solanum nigrescens」、「テリミノイヌホオズキ Solanum americanum」などがある。それぞれの特徴なども学者により見解が異なるようだ。さらに、交雑もあって区別はつきにくい。
名の由来
「イヌホオズキ」は、「ホオズキ」に似るが、役に立たないことから。
性状
一年草
大きさ
高さ:30~60cm/葉身長:6~10cm/花径:7~10mm/果長:6~7mm
形態
茎は直立してよく分枝する。茎は紫色を帯びることが多い。葉は先の尖った長卵形で、全縁または縁に波形のゆるく大きな鋸歯ができ、互生する。寒くなると葉や茎が黒紫色を帯びる。7月~翌1月頃、節の間から花柄が出て、4~10個の白色の花を総状につける。花冠は先が5深裂して裂片は反り返る。果実は球形の液果で、黒く、光沢がない。
原産地
世界の熱帯~暖帯に分布しており、日本には古い時代に入ってきた史前帰化植物。
生育
畑や道端に自生。
利用
全草に毒性があるが、利尿、解熱、強壮薬に有用な漢方薬として用いられる。
イヌホオズキ
千葉県千葉市、空き地
2018.9.2
イヌホオズキ
千葉県千葉市、空き地
2018.9.2
イヌホオズキ
千葉県千葉市、宅地
2007.9.2
イヌホオズキ
千葉県習志野市、宅地
2007.9.2
イヌホオズキ
千葉県千葉市、宅地
2007.9.2
イヌホオズキ
千葉県千葉市、宅地
2007.9.2
イヌホオズキ
果柄は枝の葉の無い部分から出る
千葉県習志野市、道端
2020.10.11
イヌホオズキ
果実
千葉県習志野市、宅地
2007.9.2
TOPへ戻る