TOPへ戻る
最終更新日:2012.10.22
名称

ナス(茄子)

ナスビ(茄子)
英名
Eggplant, Aubergine
学名
Solanum melongena
性状
多年草(温帯では一年草)
大きさ
高さ:60~120cm/葉長:20~50cm/花径:30mm/果長:5~30cm(品種によって大きく違う)
形態
茎は黒紫色で直立し、上部で分岐して、まばらに棘がある。 葉は卵状楕円形で、葉柄と葉脈は黒紫色で、互生する。 6~10月頃に、葉腋に有柄の赤紫色の花を1個下向きにつける。果実は黒紫色で、更に熟すと黄色になる。
品種
果実の大きさや形、色などが違うさまざまな品種がある。
原産地
インド
生育
水はけ日当たり良く。連作を嫌う。
利用
果実を食用にする。観賞用に栽培される品種もある。
ナス
千葉県習志野市、住宅
2007.6.10
ナス
千葉県習志野市、住宅
2007.7.1
ナス
果実
千葉県習志野市、住宅
2007.7.1
ナス
果実
千葉県勝浦市、畑
2012.8.8

品種

名称

カリオペ‘Calliope’

特徴
果実は7〜10cm程で、赤紫に白の縦縞が入った楕円球形。萼は緑色で、棘はない。
ナス
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
ナス
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
ナス
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
ナス
果実
千葉県千葉市、花の美術館
2012.8.5
TOPへ戻る