TOPへ戻る
最終更新日:2020.11.1
名称

シロミミナグサ(白耳菜草)

ナツユキソウ(夏雪草)
セラスチウム
ケラスティウム・トメントスム
英名
Snow-in-summer
学名
Cerastium tomentosum
名の由来
tomentosum」は、「ビロード毛がある」の意。
「ナツユキソウ」は、「キョウガノコ Filipendula purpurea」の白花種を指すこともある。
性状
多年草/常緑/匍匐性
大きさ
高さ:10~20cm/葉身長:1.5~2.5cm/花径:20mm
形態
茎は地面を這い、マット状に広がる。葉は披針形で、対生する。茎や葉は柔らかな毛で覆われて、白緑色になる。4~7月頃、5弁花を咲かせる。花弁の先端は2裂し、中心部から縦に筋が入る。果実は蒴果。
原産地
ヨーロッパ(高山地帯)
生育
日当たり良く、乾燥気味に。夏場は半日陰で涼しく。花後すぐ、蒸れを防ぐために刈り込む。
利用
花壇植え、グランドカバー、ロックガーデン、鉢植え。
シロミミナグサ
千葉県習志野市、緑地帯
2006.5.5
シロミミナグサ
千葉県習志野市、緑地帯
2006.5.5
シロミミナグサ
千葉県習志野市、緑地帯
2006.5.5
NOTE
TOPへ戻る