TOPへ戻る
最終更新日:2015.8.10
名称

ツメクサ(爪草)

学名
Sagina japonica
名の由来
「ツメクサ」は、葉の形を鳥の爪に見立てた。
性状
一年草(秋~翌夏の越年性)
大きさ
高さ:2~15cm/葉長:0.5~1.5cm/花径:3~4mm
形態
株元から分枝し、地表にへばりつくように匍匐して広がる。葉は先端が尖った針形で、対生する。3~7月頃、葉脇から長い花柄を出し、白色の5弁花を咲かせる。花柱は5個。花柄や萼片には短い腺毛が生える。果実は卵形の蒴果で先が5裂して種子を多数出す。
原産地
日本(北海道~沖縄)、中国、ヒマラヤ
生育
庭、道端、山野に自生。歩道の隙間や芝生など、踏みつけられるところでも生育する。
ツメクサ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.11
ツメクサ
千葉県習志野市、自宅
2014.4.11
ツメクサ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.4.15
ツメクサ
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.4.15
ツメクサ
果実
東京都新宿区、自宅、鉢植え
2008.4.15
NOTE
TOPへ戻る