TOPへ戻る
最終更新日:2020.12.15
名称

カッコウセンノウ(郭公仙翁)

シレネ・フロスククリ
リクニス・フロスククリ
英名
Ragged robin
学名
Silene flos-cuculi
Lychnis flos-cuculi
Coronaria flos-cuculi
名の由来
flos-cuculi」は、「花 = flos」「カッコウ = Cuculus」の意味。
「リクニス・フロスククリ」は、旧学名。
性状
多年草
大きさ
高さ:30~60cm/葉身長:2~4cm/花径:20〜25mm
形態
冬季はロゼット状で、春に茎を立ち上げる。根生葉は先がやや尖った細い匙形。茎生葉は披針形で、無柄で対生する。5〜6月頃、茎頂に花序を作り、桃色の5弁花を咲かせる。花弁は倒卵形で、花弁の先端部は不揃いな長さで4深裂する。花弁基部に鱗片がつく。萼は筒状で、赤っぽい縦筋が入る。果実は卵形の蒴果で、熟すと先端が5裂する。
品種
白花の品種がある。
原産地
ヨーロッパ、コーカサス、シベリア
生育
湿った草原や牧草地などに自生する。
利用
庭植え、鉢植え。
カッコウセンノウ
千葉県八千代市、京成バラ園
2019.5.11
カッコウセンノウ
千葉県八千代市、京成バラ園
2019.5.11
カッコウセンノウ
千葉県八千代市、京成バラ園
2019.5.11

品種

名称

‘ホワイトロビン’‘White Robin’

特徴
花色が白。
リクニス・フロスククリ ‘ホワイトロビン’
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2019.4.18
リクニス・フロスククリ ‘ホワイトロビン’
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2019.4.18
リクニス・フロスククリ ‘ホワイトロビン’
千葉県習志野市、住宅、鉢植え
2019.4.18
TOPへ戻る