TOPへ戻る
最終更新日:2015.8.17
名称

コムギセンノウ(小麦仙翁)

ビスカリア
英名
Rose silene
学名
Silene coeli-rosa
Lychnis coeli-rosa
Viscaria oculata
名の由来
「ビスカリア」は、旧属名。
性状
一年草(秋~初夏の越年性)
大きさ
高さ:30~60cm/葉長:2~4cm/花径:20〜30mm
形態
茎は直立してよく分岐する。葉は披針形で、対生する。5~7月頃、枝先に桃色の5弁花を咲かせる。花弁の先端は凹みが入る。
品種
花色は濃桃色、白色、薄紫色、複色などがある。
原産地
地中海沿岸
生育
強健で栽培容易。日当たり水はけよく。やや乾燥気味に。
利用
庭植え、鉢植え。

品種

特徴
花色は桃色〜薄紫色で、花弁先端の凹みは浅く、花の中心部が黒紫色になる。
コムギセンノウ
千葉県八千代市、京成バラ園、鉢植え
2014.5.19
コムギセンノウ
千葉県八千代市、京成バラ園、鉢植え
2014.5.19
コムギセンノウ
千葉県八千代市、京成バラ園、鉢植え
2014.5.19
TOPへ戻る